潜在能力を発揮する

『あなたの中には偉大な潜在能力が眠っているのだ。まずすべきことは、その能力を発揮する方法を見つけることだ。』
【参考文献】
アレクサンダー・ロックハート/著
弓場隆/訳
自分を磨く方法
ディスカバー.2005


 私たちの中には、自分自身、気づいていない潜在能力が眠っているのでよね。その潜在能力を活かすことが出来れば、今までとは全く違った人生を歩むことが出来るかもしれないのです。


 夢や目標が実現した光景を明確に思い浮かべ、既に実現していることが実感できるくらいになれば、素晴らしいひらめきや、人との出会いによって、夢や目標の実現が格段に早くなり、その過程において、新たな潜在能力が発揮されてくるかもしれませんね。

正直で信頼される人間であること

『人との付き合いの中で、正直で信頼される人間であることを心がけよう。』
【参考文献】
アレクサンダー・ロックハート/著
弓場隆/訳
自分を磨く方法
ディスカバー.2005


 正直で信頼される人間であるかどうかは、私たちの人生において、とても大切なことでしょう。


 仕事、プライベート、全てにおいて、人間関係は関わってきます。人間関係を疎かにすると、上手く行くことも、結果は不調に終わってしまうことも多々あるのではないでしょうか。


 逆に言えば、人間関係さえしっかりしていれば、全てにおいて、順調に行くと考えても過言ではありません。


 今、自分が周りの人に対して、どのような人間関係を築いているかを、じっくりと見直してみても良いかもしれませんね。

障害から何かを学ぶ

『多くの人は最初の障害に遭遇すると引き返してしまう。しかし、障害にぶつかってもあきらめる必要はない。むしろ、障害から何かを学ぼうという姿勢を貫くほうが得策だ。』
【参考文献】
アレクサンダー・ロックハート/著
弓場隆/訳
自分を磨く方法
ディスカバー.2005


 一度だけの障害、一度だけの失敗で、「もうダメだ!」と諦めてしまうことは多いと思いことでしょう。


 かつての発明王エジソンは、電球を発明するまでに、何回も失敗を繰り返していますが、それら多くの失敗に遭遇しても、挑戦を諦めたわけではなく、間違った方法が見つかっただけだと捉えていたそうです。


 エジソンのように考えるのは、なかなか難しいことかもしれませんが、障害や失敗を自分を成長させるための経験だと考えることが出来れば、全く恐れることはないですよね。後で振り返ってみると、失敗というのは、「ああ、あんなこともあったなあ」とちょっとした苦い思い出の一つだと感じることが大半なのですから。

他人の批判は個人的な見解

『批判を聞くときは、それがその人の個人的な見解にすぎないことを心に銘記しよう。』
【参考文献】
アレクサンダー・ロックハート/著
弓場隆/訳
自分を磨く方法
ディスカバー.2005


 他人の批判というのは、その人の考えであって、必ず正しいとも限らないのですよね。

 

 他人の批判を一つの意見として参考にするのは良いでしょうが、批判に振り回されることにならないよう、注意しなければなりません。


 他人の批判によって、私たちの人生が台無しにされては、あまりにも勿体ないことです。私たちは、それぞれ自分自身の人生を歩んでいるのですから。

逆境とは、未解決のチャンスのこと

『逆境とは未解決のチャンスのことだ。すべての問題には解決策があり、いったん解決すれば、それはもはや問題ではない。』
【参考文献】
アレクサンダー・ロックハート/著
弓場隆/訳
自分を磨く方法
ディスカバー.2005


 人生においては、とんでもない逆境に遭遇し、「何で自分はこんな目に遭わないといけないんだ!」と自暴自棄になることもあるでしょう。


 そんな時、逆境に対して、不平不満を言うのか、未解決のチャンスだと捉えるのかで、同じ状況であっても、全く異なるものに見えてくるのではないでしょうか。


 乗り越えられない問題は訪れないとも言われます。逆境を謎解きゲームのように、軽やかに考え、乗り越えて行くことが出来れば、人生が希望に満ち溢れたものに変わって行くかもしれませんね。

粘り強く努力する

『多くの場合、私たちは成功する寸前で夢の追求をあきらめてしまう。夢を追求する前に、最後まで粘り強く努力し続ける決意を固めよう。』
【参考文献】
アレクサンダー・ロックハート/著
弓場隆/訳
自分を磨く方法
ディスカバー.2005


 仕事でも、勉強でも、結果が出ない時は、くじけそうになることが多いと思います。ただ、そんな時、もう少しだけ努力すると、自分でも驚くほどの結果が出ることはあるのではないでしょうか。


 地道に努力することは、時にはつまらなく思うこともあでしょう。「本当にこれで大丈夫なのだろうか?」と感じることも少なくありません。


 そのような状況においても、コツコツと努力していくことが、やがて、素晴らしい結果につながるのかもしれませんね。

情熱を持つこと

『自分の中に情熱を沸き上がらせることは、成功への重要な第一歩だ。人生に対する情熱的な姿勢は周囲の人びとに伝わる。誰もが情熱の魅力に引きつけられる。』
【参考文献】
アレクサンダー・ロックハート/著
弓場隆/訳
自分を磨く方法
ディスカバー.2005


 情熱を持つことは、人生において大切なことですよね。情熱があることで、熱い思いが周りの人びとに伝わり、巻き込むことで、想像以上の力を発揮することはよくあることだと思います。


 ウキウキ、ワクワクしている人を端から見ていると、思わず応援してしまう気持ちになることはあるのではないでしょうか。情熱は、無いよりも有る方が人生において良い方向に傾きます。私自身、情熱を持って物事に取り組んでいると、不思議と物事がうまく行くことを実感しています。


 夢や目標の実現が果てしない道のりであると感じたとしても、ウキウキ、ワクワクする情熱を持つことで、実現までの道のりを楽しく、軽やかなものに変えてくれることでしょうね。