誰かが味方についてくれる

ブログに訪問してくださり、ありがとうございます。

このブログでは、いろんな作家の方の一言を名言、格言としてご紹介し、

そこに私なりの考え入れて発信しています。

 

皆さんの気づきや癒しになれば嬉しく思います。

 

そして、今まで発信してたものを再編集し、電子出版をしてみました。

 

12月2日の17時から12月5日の16時59分までであれば、

下記のサイトより無料でお読みいただけます。

もし、ご興味があれば、手に取ってみて下さい。

 

なぜかすべてうまくいく「コトバの魔法」1: 今を生きる51のヒント

https://www.amazon.co.jp/dp/B0BNDWTNF9?ref_=cm_sw_r_cp_ud_dp_WYRB9X4T36M8Z2YGMFX7

 

 

 

『ほとんどの人は一度や二度、困ったときに誰かが味方についてくれた記憶があるものです。振り返って、そういう記憶の一コマを思い出してください』

バーバラ・シェール

 

 仕事で失敗したり、私生活でトラブルに巻き込まれて困った時、誰かが救いの手を差し伸べてくれた、ほんのちょっとの一言や気遣いが励みになり、失敗やトラブルを乗り越えたことはなかったでしょうか。

 

 自分一人で解決しようと思うのではなく、より良い行動や知恵や気づきを得るために、周りの人の力を借りるのは大切なことだと思います。自分だけの考えや行動だけでは、どうしても視野が狭くなってしまいます。

 

 まずは、一人で頑張ってみる、考えてみる、それでも解決しない時は、誰かに頼っても良いのですよね。人は一人では生きていけないのですから。困った時は、お互いに助け合う、そしてお互いが成長していく、そんな良好な人間関係を築き上げたいものですね。

 

【参考・引用文献】

「本当に好きなことをして暮らしたい!」

バーバラ・シェール/著

永田浩子/訳

VOICE

 

なぜかすべてうまくいく「コトバの魔法」1: 今を生きる51のヒント

先日、このブログでもご紹介したのですが、ブログでご紹介してきた、名言、格言をまとめて電子出版してみました。

 

12月2日の17時から12月5日の16時59分までであれば、

下記のサイトより無料でお読みいただけます。

 

もし、ご興味があれば、手に取ってみて下さい。

 

なぜかすべてうまくいく「コトバの魔法」1: 今を生きる51のヒント

https://www.amazon.co.jp/dp/B0BNDWTNF9?ref_=cm_sw_r_cp_ud_dp_WYRB9X4T36M8Z2YGMFX7

 

 

夢は自分以外の誰かが仕向けてくれるものではない

『誰もが夢を追いかけたいと思っています。でも、自分以外の誰かが仕向けてくれるわけではありません。』バーバラ・シェール
 
 夢というのは、他の誰でもない、自分自身の夢なのですよね。周りの誰かが言ったからとかではなく、自分がどうしたいのか、夢を実現させたいと思うのか、最終的に判断するのは自分なのです。
 
 確かに、周りの人の意見を参考にすることはあるのかもしれません。的確で、親切なアドバイスをもらうこともあるでしょうし、周りの人の一言で、閃きを得たり、自分一人だけの力では難しい時、助けの手を差し伸べてくれることもあるでしょう。
 
 でも、最後は自分自身なのです。自分が夢を実現させるのですよね。夢を追いかけたい、夢を実現させたいという強い気持ちを持つからこそ、周りの人が助けてくれる、そして、その助けによって、夢の実現へ一歩近づく、そんな好循環を生み出すことができれば素敵ですね。
 
【参考・引用文献】
「本当に好きなことをして暮らしたい!」
バーバラ・シェール/著
永田浩子/訳
VOICE

大好きなことをやり、愛すること

『人生でいちばん素晴らしいことは、毎朝起きて自分の大好きなことをやり、自分のしていることを愛すること』ドクター・ジョン・F・ディマティーニ
 
 自分の大好きなことをやることは、素晴らしいことですよね。ただ、私たちの日々の行動というのは、やらなければならないこと、惰性でしていることで埋め尽くされてしまっているのではないでしょうか。
 
 今の仕事に対して、それほど熱意を持っていない、好きだと思っていないけれど、生活のために仕事をしている、もちろん、生活するために仕事でお金を得ることは大切なことですから、否定はできませんが、どうせ仕事をするのなら、好きなことを仕事にして、その仕事に自分の時間を費やしたいものですよね。
 
 いきなり、今の仕事を辞めるというのは難しいかもしれません。でも、「今の仕事で好きなところはなんだろう?」、「どうやったら今の仕事を好きになれるだろう?」などと自問自答することで、毎日の仕事が、ほんのちょっぴりでも好きになっていくかもしれませんね。
 
【参考・引用文献】
「正負の法則」ドクター・ジョン・F・ディマティーニ/著・本田健/訳

Kindleで出版してみました!

このブログや、メルマガなどで、名言・格言を紹介させていただいておりましたが、
その名言・格言を再編集して、Kindleで出版いたしました。
Kindle Unlimited、読み放題を契約されている方であれば、無料で読んでいただけます。

また、今週末には、読み放題を契約されていない方でも無料で読める、
無料キャンペーンを行います!

 

もし、ご興味があれば、下記のサイトからダウンロードしてみて下さい

 

なぜかすべてうまくいく「コトバの魔法」1: 今を生きる51のヒント

https://www.amazon.co.jp/dp/B0BNDWTNF9?ref_=cm_sw_r_cp_ud_dp_WYRB9X4T36M8Z2YGMFX7

ただ、与えるために与える!

『受け取るために与えようとはしないことだ。天を相手に取り引きをしてはいけない。ただ、与えるために、与えよう。』
 
お金持ちの法則「豊かさは、与えたものに比例する」
ジョー・ヴィターレ/著
白川貴子/訳
VOICE新書.2014
 
 誰かに何かを与える時、見返りを期待して与えるという、下心を持ってしまうことがあるかもしれませんが、そのような打算的な気持ちがあると、何も見返りがないと思うのです。
 
 ただ、世の中は打算的な考え、駆け引きが日常茶飯事に行われており、純粋な与える気持ちということを持ち続けるというのは、とても難しいことでしょう。
 
 でも、そういう世の中であるからこそ、純粋な与える気持ちで与えるという行動が光るのではないでしょうか。た

何にフォーカスするか?

 自分の人生において、何にフォーカスするのでしょうか?好きなことでしょうか?それとも嫌いなことでしょうか?仕事やプライベートにおいて、嫌なこと、悲しいことは起こりますし、避けて通ることはできないこともありますが、それらの嫌なこと、悲しいことに、ずっと自分の気持ちをフォーカスしてしまうと、また同じようなことを引き寄せてしまうと思うのです。
 
 私自身、経験があるのですが、嫌なこと、悲しいことに、自分の気持ちを向けていると、また更に嫌なこと、悲しいことが起こり、更に気持ちが滅入ることが多かったように思います。確かに事実として、嫌なこと、悲しいことは存在するのかもしれませんが、それらに気持ちをフォーカスするのではなく、好きなこと、楽しいことに気持ちをフォーカスすることが大切なのではないでしょうか。